個性的なデザインのモンクレールコピーダウンジャケット

モンクレールコピーのダウンジャケットは、AFNOR(フランス規格協会)から「4Flcorons(キャトル・フロコン)」が与えられており、グースの産毛を使用し、各部位ごとにあわせて1g単位で決められ、職人によって生産されていくため、大量生産ができない製品という特徴がある。また、品質や機能性のみでなく、ダウンジャケットでありながら身体のラインが綺麗に見えるデザインである。 近年ではポロシャツなど、モンクレールコピーダウンジャケット以外の商品展開も見せている。

ダウンジャケット大人気偽モンクレールから人気商品をご紹介します。偽物モンクレールは、ダウンジャケットなどを提供するフランス発祥のファッションブランドの一つである。現在はイタリアのミラノに本社を置いている。1954年にはイタリアのカラコルム登頂隊、1955年にはフランスのマカル登頂隊などにウェアを提供するなど、アウトドアウェアから出発している(ちなみに、カラコラム登頂隊が着たダウンは改良を重ね、現在もカラコルムという商品名で展開している)。その後、高い品質に目を付けたフランスの上流階級に愛用され、現在のプレミアム・ダウンウェアとしての地位を確立した。
実はこのブレークは日本だけでなく、世界的なものだ。モンクレール偽ブランド「ヒマラヤ」ダウンジャケットの商品は、定番のモデルをよりタイトにし、光沢のあるシャイニーナイロンを使用していることが特徴だ。これらのモデルには通常よりも大きいロゴ(通称デカロゴ)が付き、モダンモンクレールコピー 国内発送の代表的なアイテムだ。特にヒマラヤは国内ではセレクトショップのビームスのみの扱いだったため、国内各地で争奪戦が繰り広げられ、キャンセル待ちがでるほどの人気アイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です